2005年11月21日

とある外国人によるコーネリアス『ファンタズマ』評

とある海外サイトに書いてあったコーネリアスとファンタズマについての解説をコピペ。

A key player in the 1990's wave of Japanese rockers, Keigo Oyamada (known simply as Cornelius) is the schizophrenic version Beck with obvious noise influences from the Flaming Lips and Sonic Youth. Incorporating 3d microphones, folky vocal overlays, dnb beats, swirling keyboards, and a handful of samples, Cornelius dazzles through some fascinating psychedelic indie pop. The droney, driving 'New Music Machine' is a gem, as it cobbles together a bleeding lo fi aesthetic out of 48 tracks worth of background vocals, analog synths, drums and guitars. 'Seashore and Horizon' is also noteworthy, a track that shuttles between such a seamless Pet Sounds vibe of acoustic guitars and choral arrangements. A visionary and visual sound, 'Fantasma' is a brilliant, multi-sound texture production.

「schizophrenic version Beck」ってのは凄い表現ですねw
「A visionary and visual sound, 'Fantasma' is a brilliant, multi-sound texture production.」だなんて、やっぱ日本人アーティストが外国人に評価されてるってのは嬉しいものです♪
posted by にゃち at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。